【動画】脱初心者!タイルボンド用「くし目ゴテ」の選び方・使い方・コツ

 最終更新日: July 20, 2020

【動画】脱初心者!タイルボンド用「くし目ゴテ」の選び方・使い方・コツ

こんにちは。
今回はDIY関連の「使い方動画」として「くし目ゴテの使い方」だけをまとめてみました。

 

道具に悩むことを解決!「くし目ゴテを選ぶ・使う」

DIYの作業をしているとよくある壁のひとつが、「道具を選ぶことに悩む」です。
種類もいくつかあったり、費用が思ったより高価だったり、使い方がわからなかったりすると、実際やってみたいけれど、目の前の大きな壁となります。そんなまったくの初心者にとって、今回の「くし目ゴテ」もその一つです。

3㎜や5㎜があったり、その違いが重要なのかどうかさえも知らない人にはまったくわかりません。そこで「あきらめ」しまったり、業者に「してもうらう」にならないよう、自分でするためのこちらの動画が参考になるはずです。
すでに「実演DIY!プロが教える失敗しない壁用タイルの貼り方」を公開してますが、その中で道具とその使い方の部分をまとめました。

動画の再生

では実際に動画をご覧ください。

この動画を大きいサイズで見る場合はこちらをクリック

この動画の完全版実演DIY!プロが教える失敗しない壁用タイルの貼り方は以下です。

商品特設ページへ戻る(ネオピタ)) 価格を見る(ネオピタシリーズ)

 

 

動画のスライド図解

 *画像をクリックするとスライドショーになります。

*目次
①コテ選び ②つけて伸ばす ③ひろげる ④くし目入れ +脱初心者!実演&アドバイス付

①くし目選び
一般的には5mmのモルタル用ではなく
この3mmのくし目コテを使います

(参考)樹脂製くし目ゴテ
+数百円と安価で細部で使いやすい
-持ち手がないのでコテのように力がうまく伝わらない
-長時間の場合、疲れやすい

②つけ方と伸ばし方
コテを斜めにしてのばしていきます

③ひろげ方
くしについた接着剤や既についている接着剤を
くしを使ってうまく引き伸ばします

④くし目を入れる
左から右に平らな方でならします

伸ばしてくし目を入れる

よくある失敗①「コテがスタックしてしまう」
こういった角度で必ず斜めにすることです

 よくある失敗②「接着剤の高さが均一にならない」
厚いところと薄いところがある場合はくし目が付いている側で掻き出すことです

上手にコテを使える動画は他にもあります
●タイルを接着剤で汚した
●接着剤の開封時の注意   
●深目地工法
●汚れたコテをきれいにする
●安全な使用量は?   
●余った場合の保存方法
などの完全版はWHITE-MAP.COMの他の動画をご覧ください

以上、自分で「する」ための「脱初心者!タイルボンド用「くし目ゴテ」の選び方・使い方・コツ」の動画でした。

 

商品特設ページへ戻る(ネオピタ)) 価格を見る(ネオピタシリーズ)

 

ゆっくりと、でも楽しく、健やか、安全に

食のスローフードと同様に子どもたちのことも考えてほしいと思い、「東海」地域で製造された素材をベースに子どもの書く・作る・考える・守るアナログ商品をオリジナルコンセプト・オリジナルデザイン「スロートイ」として届けています。
子どもが主役で「楽しい」、真摯に「健やかに」、「社会性」、ワンランク上の「安全」性の4つをコンセプトに製作し、小さなこどもたちも安心して遊べるものばかりで、お子さんやお友達への贈り物に迷ったら覗いていただいたり、一度みるとやってみたい!と思う楽しいサイトを目指しております。

オフィシャルSNSはFacebook, Twitter, YouTube, Instagramがあります。お気軽にフォローください。

このページは役に立ちましたか?



当ページの内容に限らず、理解できないことや疑問点、気がかりなことでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。
◆お問い合わせ先(お電話、メールでお気軽に)    
    E-Mail:service@slow-toy.com
問合せフォームはこちらをクリック

ABC最終更新日: July 20, 2020


 

 

You may also like