【安心安全に】安全へのこだわり~STマーク・CEマークなど安全認証マークについて

最終更新日: June 25, 2020

【安心安全に】STマーク・CEマークなど安全認証マークについて

 

東海スロートイ®倶楽部の商品はすべて、日本玩具協会が定める安全基準STマークあるいは、欧州規格(CE)の安全基準CEマークの認定を受けており、その基づく試験で安全性が確認されたお子さまにも安心な商品を販売しております。
 
また、その概要の説明とよくある質問をひとつ紹介します。

EUの基準「CEマーク」とは

EU加盟国以外で作った製品を製品をEU加盟国へ輸出する際、安全基準条件が設けられています。CEマークは、おもちゃ以外にも産業機械、家庭用電気製品、医療機器など、たとえば、iPhoneにも適用が求められています。 この製品はその条件を満たしていますよということを証明するマークです。

 

 

「CEマーク」の基準ではどんな内容がチェックされる?

玩具に対しては、「EN71」という規定が発行され、大きさや形状、塗料・強度だけではなく、その対象年令や使用目的まであらゆる角度からおもちゃの安全性について、細かな 検査項目が定められています。

例えば、
形状・・小さな部品の誤飲、窒息の危険性はないか
強度・・接着部分や牽引のひもが外れにくくないか
塗料・・子どもにとって有害な物質が含まれていないか

などが設定されています。

 

日本の基準「STマーク」とは

STマークは、第三者検査機関によるST基準適合検査に合格したおもちゃに付けることができるマークです。14才までの子どもの安全性のため、必ず配慮しなければならないおもちゃの形状や強度に関する検査項目が定められています。

 

 

「STマーク」の基準ではどんな内容がチェックされる?

 

形状・・ケガをしない形状かどうか、のどを詰まらせてしまわないかどうかや
強度・・燃えやすい材料が使われていないか
塗料・・おもちゃの材料に有害な物質が使われていないか
ホルムアルデヒド・・布のおもちゃについて、基準を超えるホルムアルデヒドが含まれていないか

などが設定されています。

 

よくある質問「なぜCEマークだけの商品が多い?」

実際の商品ではCEマークだけの商品が多いです。消費者としては日本の認証がないのに大丈夫なのかという質問も伺うことがあります。

その理由は
〇CEマークは、世界で一番安全基準が厳しいとされていること
〇STマークは、おもちゃのみに限られ、さらに、もし、STマークがなくても日本で販売できること
〇日本玩具協会に所属しているメーカーさんしかマークをつけられないので、製造数の少ない方コストが合わない
〇一方で、CEマークはないとEU加盟国で販売できないこと
〇両方取得すると、製品の種類がおおければ多いほどそのコストがかかること(それが製品価格に乗ってしまうこと)

などがその理由です。

 

ゆっくりと、でも楽しく、健やか、安全に

食のスローフードと同様に子どもたちのことも考えてほしいと思い、「東海」地域で製造された素材をベースに子どもの書く・作る・考える・守るアナログ商品をオリジナルコンセプト・オリジナルデザイン「スロートイ」として届けています。
子どもが主役で「楽しい」、真摯に「健やかに」、「社会性」、ワンランク上の「安全」性の4つをコンセプトに製作し、小さなこどもたちも安心して遊べるものばかりで、お子さんやお友達への贈り物に迷ったら覗いていただいたり、一度みるとやってみたい!と思う楽しいサイトを目指しております。

オフィシャルSNSはFacebook, Twitter, YouTube, Instagramがあります。お気軽にフォローください。

このページは役に立ちましたか?



当ページの内容に限らず、理解できないことや疑問点、気がかりなことでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。
◆お問い合わせ先(お電話、メールでお気軽に)    
    E-Mail:service@slow-toy.com
問合せフォームはこちらをクリック

ABC最終更新日: June 25, 2020


 

 

You may also like